BMIの計算式で肥満度をチェックしてみよう!

肥満度をチェックする計算にBMIがあります。ここではBMIについての解説と、BMIの簡単な計算方法をご説明します。早見表も用意しましたのでご参考にしてください。

 

■BMIとは
B M I :Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略
・肥満度を表す世界共通の指数(数値)のこと。
・ベルギーの科学者アドルフ・ケトレーが考案したのでケトレー指数とも言う。

 

このページでは、下記の2パターンを簡単にご説明します。

 

(1)BMI 数値を身長と体重から計算する
BMIの数値=【体重(kg)】÷【身長(m)の2乗】
(注)身長:m

 

(2)BMI 数値と身長から標準体重を計算する
【身長(m)】×【身長(m)】×22=標準体重

(1)BMI 数値を身長と体重から計算する

(1)【BMI数値を身長と体重から計算する】をご説明します。
計算式で身長は「cm」ではなく「m」ですのでお間違いなく。

 

【B M I 計算式】
BMIの数値=【体重(kg)】÷【身長(m)の2乗】
(注)身長:m

 

(例)身長170cm、体重が68kgの場合を計算してみましょう。

 

【B M I 計算式】
68kg÷(1.7×1.7)=23.5

 

下記の肥満度チェック表でみると、「普通」となります。

 

■BMI 判定基準表(成人用)
日本肥満学会の判定基準表(成人用)
※出典:日本肥満学会 (表は当サイト編集部で作成)

 

【BMI数値の目安】
■B M I 数値が18.5未満・・・痩せ気味

 

■B M I 数値が18.5〜25未満・・・標準

 

■B M I 数値が25以上・・・太り気味

 

(2)BMI 数値と身長から標準体重を計算する

(2)【BMI数値と身長から標準体重を計算する】をご説明します。

 

【標準体重のBMI計算式】
【身長(m)】×【身長(m)】×22=標準体重

 

・日本における肥満度の解釈は標準体重がBMI 22です。
・日本肥満学会は、BMIが25以上の場合を肥満と定めています。(各国によって基準が違う。)

 

でも、計算するのは面倒ですよね。そんな人は下記をご覧くださいね♪

BMI 計算早見表 (身長から標準体重がわかる!)

計算が面倒だと思う人のために、早見表を作成しましたのでご覧ください。身長がわかれば標準体重がひと目でわかります。

BMI計算早見表で感激する女性

■BMI計算早見表

身長(cm)

標準体重(kg)

140

43.1

141

43.7

142

44.4

143

45.0

144

45.6

145

46.3

146

46.9

147

47.5

148

48.2

149

48.8

150

49.5

151

50.2

152

50.8

153

51.5

154

52.2

155

52.9

156

53.5

157

54.2

158

54.9

159

55.6

160

56.3

161

57.0

162

57.7

163

58.5

164

59.2

165

59.9

166

60.6

167

61.4

168

62.1

169

62.8

170

63.6

171

64.3

172

65.1

173

65.8

174

66.6

175

67.4

176

68.1

177

68.9

178

69.7

179

70.5

180

71.3

181

72.1

182

72.9

183

73.7

184

74.5

185

75.3

186

76.1

187

76.9

188

77.8

189

78.6

190

79.4